荻村伊智朗 略年譜 卓球を始めて5年半で日本一になるまで(16歳~21歳)

1948年(昭和23年)16歳

都立西高等学校に入学
卓球部に入る

コルク張りラケットを買い、持ち方を上級生から教わった

1か月後にラバーを買い、セメダインでコルクの上に貼って使い始めた
他の運動は全部やめ、卓球だけしかしなくなった

9月初旬、国体予選に出場したが、1回戦で負けた(相手は武蔵ヶ丘高校の水谷君)

1949年(昭和24年)17歳 高校2年

6月、東京都下3市3郡選手権大会・少年の部2位
(※約9カ月でビギナーから強い選手に成長している)

1950年(昭和25)18歳 高校3年

西高卓球部主将となる

吉祥寺に武蔵野卓球場がオープン
経営者の上原功三・久枝夫妻と出会う。ここの常連となる

憲法記念東京高校チーム戦優勝(市川・亀田・甲子・荻村)
決勝は小石川高校

関東高校選手権大会(横浜市)東京代表 ベスト16

東京都下選手権大会・少年の部優勝 1般の部3位

八王子の阿木選手にカット打ちを、元満州国チャンピオンの河田選手にショート打ちとフットワークを教わった

9月、国体予選決定戦敗退(安藤選手・早稲田高)

12月、第1回全国高校選手権ダブルス出場・ベスト16

1951年(昭和26年)19歳

都立大学人文学部に入学(卓球を長く続けるつもりはなく、ジャーナリスト志望)

3月、吉祥クラブに入会(主宰・天野氏(専大OB))力の卓球を知る

6月、スポンジラバーに転向

9月、東京卓球連盟秋季新人戦男子単優勝 

11月、東京都下硬式選手権大会男子単優勝(決勝阿木選手)

1952年(昭和27年)20歳

6月、全日本軟式選手権に初出場で優勝(決勝中田選手)

全日本(硬式)予選で負け泣く(20歳)「笑いを忘れた日」

1953年(昭和28年)21歳

日本大学芸術学部映画科に転学

アジア選手権団体優勝(優勝の原動力の功績で読売新聞「日本スポーツ賞」受賞)

12月、全日本選手権に初出場し、シングルス(決勝田中)、ダブルス(山田)とも優勝
混合ダブルス2位(関澄子)(21歳)


投稿を共有