ラポーム 2019年9月

笠井埜衣選手(中3)が全国中学校大会に出場

ITSチャンピオンチームに所属している笠井埜衣選手が、全国中学校卓球大会に出場し、3回戦(ベスト32)まで勝ち進みました。

全国大会に出場するには9ブロック大会(狛江市・調布市・三鷹市・武蔵野市・府中市)、東京都大会、関東大会という各地区大会を通過する必要があります。
全国の中学生約10万のうち約100名という狭き門を抜けた選手だけが出場します。

今回は笠井選手と、ベンチに入った遊澤コーチよりコメントを頂きました。


関東大会では、1試合目が特に大事だと思って臨みました。
いつもとは違う会場の雰囲気の中、どれだけ自分のプレーを出し切ることができるかが一つの課題でした。
初戦を良い調子でやれたので、そこからは雰囲気にも慣れて、思い切ったプレーをすることができましたが、代表決定戦の後の試合では2-3で負けてしまいました。
決勝までいくチャンスがあると思っていたので悔しかったです。

初めての全中では、あまり緊張することもなく、1試合目から思い切ってプレーすることができましたが、3ゲーム目は相手も必死で喰らいついてきたので、最後の1点がなかなか決まらず、25-23で勝利しました。

第2試合では、フルセットまでいきましたが、遊澤コーチからのアドバイスを意識しながらやったので、最後のデュースを取り、勝ちきることができました。

第3試合で第2シードのペンホルダーの選手に負けてしまいましたが、自分より上のレベルの選手と対戦する事ができたのは、とても良い経験になりました。
笠井 埜衣

関東大会では代表にはなることができましたが負けた試合は少し悔いの残る試合でしたが、全国中学生卓球大会では笠井君らしいしっかりとしたコース取りでベスト32に入ることができました。

笠井君以外も素晴らしい選手がたくさん在籍しておりますので会員の皆様これからもご声援の程どうぞよろしくお願い致します。
遊澤 亮

投稿を共有