its アイティーエス三鷹 卓球クラブ JR三鷹駅南口徒歩5分 TEL.0422-49-8629

La PAUME

2018年8月号

2018.08.07  執筆者:織部幸治

「憧れの卓球選手」松崎キミ代
「1954年、英ウェンブリーでの世界選手権。女子団体で優勝した江口冨士枝さんは今も憧れの人だ。59年の独ドルトムントでの世界卓球選手権で同じ日本代表チームの一員となり、雲の上の存在だった方が、お姉さんのような存在になった。ところがドルトムントに着くや私は高熱で倒れた。江口さんは自分の試合もあるのに「大丈夫、頑張りや」と夜通し看病してくれた。快復した私は約10日後の女子シングルス決勝で何と江口さんと対戦することに。勝った私は申し訳ない気持ちでいっぱいだった。「試合後に何を気にしているの」と笑ってくれて少しは気も楽になった。

驚異的なフットワークで知られ、世界ランキング1位まで上りつめた江口さんは大会後に現役を引退。

その後も世界ベテラン卓球選手権に選手として出場し、80歳を過ぎても地元大阪で週一回は卓球を指導するなど、そのエネルギーにいつも敬服する。」

各界の著名人が登場し、親交の深い友人や恩人を紹介する日経新聞朝刊のコラム「交遊抄」7月20(金)に往年の名選手で現在は日本卓球協会顧問の松崎キミ代さんが「憧れの卓球選手」と題して江口冨士枝さん(ITSメンバー)との交流を語られた上の記事が掲載されました。

ご覧になったITSメンバーも多いことと思いますが、素晴らしいチームスピリットとスポーツマンシップを、すべてのメンバーにもお伝えしたいと思いました。

「Why?強くなった?卓球ニッポン」番組内容紹介文掲載
リオ五輪の男女メダル獲得以降、若手の活躍でますますブームとなっている卓球。

しかし日本は突然強くなったのではない。

1950年代から60年代、日本は世界のトップを走る卓球強国だった。

その立役者荻村伊智朗。日本だけでなく世界中の卓球に革命を起こし、卓球を世界スポーツに引き上げた男だ。

その後日本卓球は長い停滞期に入るが、荻村の教えを引き継いだ人々によって、今、新たな黄金期を迎えようとしている。

小学生以下の日本選手権による若手発掘、2002年に始まった若手の海外留学など、日本を再び強くした試みの数々や、ピンポン外交を成し遂げたように、「世界スポーツ」として特別な存在だった卓球の歴史から、2020年へ向けた熱い戦いの全貌を、現場取材、関係者インタビュー、ドラマによる再現を通して描く。

7月29日(日)22:00~23:50〈NHK BS1〉放映です。数々の荻村レガシー是非ご覧ください。
ITS 三鷹 代表 織部幸治


ITS三鷹卓球クラブ
〒181-0012 東京都三鷹市上連雀2-4-3国際卓球会館
TEL:0422-49-8629 FAX:0422-47-9432
E-MAIL:info@its-mitaka.co.jp URL:http://www.its-mitaka.co.jp
月~木・土 10:00~22:00/金 10:00~23:00/日 10:00~19:00
祝祭日(月~土)は日によって営業時間が異なりますので、
事前にお問い合わせ下さい。

[コーチ]常勤5名 他非常勤多数
[設備]卓球台11台
[サービス]卓球教室(卓球スクール)の開催/卓球選手(プロ)の養育

Copyright© 2010 ITS三鷹卓球クラブ All Rights Reserved.